統計一口メモ テーマは『介入を行った場合と行わなかった場。kguouk。量的研究についての質問です 医療系大学に通う3年です 4年生になったら卒研をやるのですが、その前段階として3年から研究の基礎を学ぶ授業があります その授業の課題として量的研究の計画書作成というのがあるのですが、とても苦戦しています 私は実験研究を研究手法に選んで計画書を作成しているのですが、検定方法が全く分かりません… テーマは『介入を行った場合と行わなかった場合の比較』なのですが、この場合検定は片側検定ですか それとも両側検定ですか どういうふうに考えれば検定の方法を理解できますかね… 元々文系なので理系は苦手です 文系でもわかるようにお願いします 対応のある場合のt検定。一対の標本による平均の検定」「対応のある2群の平均値差の検定」「データに
対応がある場合のt検定」とも呼ばれる…このような「対応のある場合のt
検定」を適用する場合には,A欄のデータとB欄のデータが等分散であるか否か
同一の被験者に相前後して異なる2つの指導法を行った場合には,後で行う
指導のときに前に行った指導による影響が残っている場合がある.上記2つの
数値を比較して,がt片側境界値よりも小さいことから有意水準%で有意差は
ない.

23。大学で学ぶ統計学の基礎レベルである統計検定級の範囲をほぼ全てカバーする
内容となっています。この問題では帰無仮説 _{}有意水準を%とした
場合。両側検定と片側検定の有意水準を図示すると以下のようになります。 □
両側検定対立仮説。薬中の成分の含有量はではないが棄却
されないからといって。当初の実験計画から外れて片側検定をやる。というのは
誤りです。統計一口メモ。ある薬の効果を調べるためにプラシーボとの比較を行う際。プラシーボの方が
実際の薬より優れた効果があると仮定することはないでしょう。したがってこの
場合。理屈で言えば片側検定を使うのが適当だと考えるのが自然です

kguouk-pというデタラメしか書けない蒙昧の寝言は無視して下さい。両側検定と片側検定については、初等統計の授業で必ずやります。2つの母平均MaとMbについて検定する場合、単にMaとMbは異なるという対立仮説ならば両側検定、MaがMbよりも大きいあるいはその逆という対立仮説ならば片側検定になります。たとえばAとBの2つのクラスがあり、Aには新しい教育法、Bには従来の教育法を施し、Aのほうが成績が良くなるということを確認したい場合、Aの方が小さくなるケースについては考える必要がないので、H_1: Ma – Mb0として右片側検定を適用すれば良いということになります。当然のことながら、介入の結果何かが大きくなる?増加するなどの効果を確認したいなら、片側検定を行うことになります。また、介入の結果、大小どちらかはわからないが平均が異なる値になることを確認したいという場合があれば、両側検定を行うことになります。t検定とχ2乗検定は、できますか。これが第一歩なので。この場合検定は片側検定ですか?それとも両側検定ですか? 大学の授業では、「両側検定」しか教えません。シロウトに、片側、両側を教えても、混乱の種を植え付けるようなもの。両側を使いこなせる時期になれば、自然に区別?応用ができるようにナルかと。 卒論は、指導教員の仕事。他から口出し厳禁。ですが、失礼ながら卒論以前のレベルと感じたので。何の数値を指標として、どういった変化を比較したいのですか?介入した場合、指標となる数値が高くでるまたは低く出る事が通常となるのであれば片側検定になると思います。

  • ミズノMIZUNO ミズノの硬式ボール用の縫い糸買ったの
  • 負けたら自腹 自作の経験2回程ありPC内部の構造わかりま
  • 中止BOB Tokyoでのライブ行くのチケット入場整理番
  • テレビ東京家 鷲見アナ見たい家ついていっていいか見てます
  • 実は賢かった 演劇好きな人か

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です